• あれから

    Posted on 2015年12月29日 11:09 by in スタジオ活動記

    バウンシーハートを一旦クローズし、その後新たなスタート
    をきった一年だったのですが、自宅のレッスンも子供たちの
    レッスンも思いの外楽しくよい一年になりました。

    ずっと更新をしていませんでしたが、この一年やってきたこと
    がようやく次のビジョンにつながるようになってきました。

    「私たちはこういう理念でやっています」ということがはっきり
    言えないうちから書き物ができないという性格でずっと更新を
    ストップしていましたが、2016年はこんな年にしたいというのが
    はっきりし今後は積極的に発信していきたいと思います。

    老若男女問わず踊りや動くことが自然と楽しくなってほしいという
    ベースは今後もずっと変わりません。来年は楽しさを理論的にも
    子供たちに理解してもらう年にしようと考えてます。

    子供たちは理論がわからない、体で覚えるのが子供と大人は決め付けて
    かかっていますが彼らは知的好奇心の塊です。なので、「彼らが理解できるように
    すれば」ダンス解剖学も理解できるはずと確信してます。

    動き手も動くにあたっての理論を学び、「こんな風に動きたいが
    どうしたらいいか」を理論を元に組み立て専門家と協力して実現する
    時代にきていると思います。なので小さいうちからドライバーであり
    メカニックであるという感覚をごく自然に身につけると、たとえば
    理学療法士さんや整体、鍼灸師さんなど、体のメカニック的な分野の人
    たちとももっとうまく関わっていけると思います。

    代表を始めて4年たちますが、次の5年間はそのような試みでやっていく
    所存です。

    協力してくださった方に心から感謝しております。また今後ともよろしく
    お願いいたします。

    小原純子
    2015122601

Comments are closed.